このサイトでは、挙式の招待の出し方や最新のトレンドなど幅広く紹介しています。
結婚式の招待状を出席者全員に手渡すのは難しいので、手渡しする人と郵送する人で分けることが大切です。
郵送と手渡しでは少しマナーが違っていて、郵送で送る場合いくつかポイントがあります。
例えば封筒への封入方法や宛名書き、糊付けなどにはコツがあるので活用することができます。
一般的に日柄を気にする場合、大安や友引などの縁起の良い日に送ることをおすすめします。

挙式の招待状の丁寧な送り方

挙式の招待状の丁寧な送り方 挙式の招待状を大安に出した方が良いと案内されるカップルが多いですが、郵送する場合大安の日に出すことが縁起が良いとはならないケースがあり、縁起の良い日というのは投函日ではなく消印日になるからです。
消印は日付のあるスタンプで、日柄を気にするなら消印の日付について吉日にすると良いでしょう。
例えば大安の23時頃にポストに投函すると当日の収集時間が過ぎているので、翌日に収集されることになり消印日も翌日になってしまいます。
この場合吉日にならないので、投函する際収集時間を確認したり早い時間帯に出すのがポイントです。
招待状の送り方としていきなり送るのではなく、あらかじめ挙式の予定を連絡しなければいけません。
出欠確認が遅れることもあるので、事前に電話やメールなどを利用して結婚を報告しておき、招待状を送ると伝えてから郵送することをおすすめします。

挙式の招待状は事前に連絡してから送ることが大切

挙式の招待状は事前に連絡してから送ることが大切 挙式の招待状をいきなり送る人もいますが、事前に電話やメール、直接会ったときなどに結婚式を行うことを伝えてから送るべきだと言えます。
特に受付やスピーチ、余興などを頼みたい相手の場合は、いきなり案内と依頼を送ると困らせてしまう可能性が高いです。
全員に連絡を行うことは大変だと感じるかもしれませんが、ゲストが気持ちよく参加するためには欠かせない作業だと知っておきましょう。
また、遠方の人を挙式に招待するのであれば、事前に行う連絡で宿泊費用や車代の話をしておくと相手を不安にさせることがありません。
遠方なのに、費用についての説明もなく招待だけが送られてきて困ったことがある人は少なくないので、こういった気遣いを忘れないようにする必要があります。
結婚式の招待状は約2か月から3か月ほど前に送りますが、このタイミングで招待しても都合が悪くて参加できないという人が少なくないことも知っておきましょう。
早めに連絡があれば参加できたのにと感じる人も多いので、あらかじめ確認をとっておくことを手間だと考えず、半年ほど前に予定を伝えて参加してくれると答えてくれた人のみ、確認の意味も込めて招待状を送るようにすることがおすすめです。

もっと神戸の挙式の情報を探すなら

神戸での挙式なら最高の思い出になる