招待状・案内状の手のかけ方

招待状・案内状の手のかけ方 挙式への招待状を受け取ったなら、一言お祝いのメッセージを添えて返信するのがマナーです。
その際には黒色のペンを用いて、句読点を使わずに書き上げましょう。
尚、筆記具は本来黒の毛筆もしくは万年筆を用いるのが正式なマナーですが、ボールペンを使用しても問題ありません。
ただし黒以外の色で書くのは厳禁です。
また句読点については「区切り」や「終わり」を連想させ、縁起が悪いとの理由から使用しないのがマナーとされています。
内容については、基本的にはお祝いの気持ちを素直に表したものでOKなので、あまり難しく考える必要はありません。
しかし長過ぎる文章は良くないとされているので、簡潔にまとめるのがポイントとなります。
その他、弔事や病気を理由に挙式を欠席する場合に添えるメッセージには、欠席理由を明記しないのが基本です。
なぜなら結婚という慶事に弔事や病気といった不幸を連想させる言葉はふさわしくないからです。
尚、招待状はなるべく早く返信するのがマナーとなりますので、受け取った日から一週間以内を目安に出欠の返事ができるよう心がけましょう。

挙式の招待状に添えるメッセージの書き方について

挙式の招待状に添えるメッセージの書き方について 挙式への招待状を受け取ったなら、一言お祝いのメッセージを添えて返信するのがマナーです。
その際には黒色のペンを用いて、句読点を使わずに書き上げましょう。
尚、筆記具は本来黒の毛筆もしくは万年筆を用いるのが正式なマナーですが、ボールペンを使用しても問題ありません。
ただし黒以外の色で書くのは厳禁です。
また句読点については「区切り」や「終わり」を連想させ、縁起が悪いとの理由から使用しないのがマナーとされています。
内容については、基本的にはお祝いの気持ちを素直に表したものでOKなので、あまり難しく考える必要はありません。
しかし長過ぎる文章は良くないとされているので、簡潔にまとめるのがポイントとなります。
その他、弔事や病気を理由に挙式を欠席する場合に添えるメッセージには、欠席理由を明記しないのが基本です。
なぜなら結婚という慶事に弔事や病気といった不幸を連想させる言葉はふさわしくないからです。
尚、招待状はなるべく早く返信するのがマナーとなりますので、受け取った日から一週間以内を目安に出欠の返事ができるよう心がけましょう。