挙式の招待状はいつ使う?

挙式の招待状はいつ使う? 挙式の日取りが決まり、招待客に対して招待状をどのような内容にして、いつ出すべきか悩んでいるという方は少なくありません。
招待状は出す時期と渡し方にマナーがあるため、予めどのような使い方をするべきか事前にルールやマナーを理解しておくようにしましょう。
基本的に挙式に招待するゲストは、リストアップを早めに行わないと日取りを決定することが出来ません。
そのためリストアップを行ったら、挙式3~2ヶ月までに送付出来るようにしましょう。
一番丁寧な私方は、手渡しが基本となりますが遠方に住んでいる方や、一度に複数のゲストに送る場合は郵送でも全く問題はありません。
そして出すタイミングとしては消印日が大安になる日に投函をすることがポイントになります。
これは新郎、新婦にとっておめでたい日に大切なゲストを招待する案内状を、縁起のいい日に出してほしいという考えからきています。
必ず大安になるようにする必要はありませんが、ゲストに年配の親戚や上司の方がいる場合は、出来るだけ日柄の良い大安または友引が消印日になるように投函を行います。

挙式の招待状を発送するタイミングを十分に考えよう

挙式の招待状を発送するタイミングを十分に考えよう 挙式の招待状を送る場合にはそのタイミングを十分に考慮することが必要です。
あまり早く送っても相手の予定がハッキリとわからない部分があったり、遅くなってしまうと逆に予定の調整ができなくなってしまうことがあります。
そのため相手のことを考えればその時期を適切に把握することが重要となるのですが、もう一つ意識しておかなければならないこともあることを意識しなければなりません。
挙式を行う際には結婚式場の準備があり、特に予算の関係なので早めに出席者数を知りたいと言う面があります。
しかし、十分に打ち合わせを繰り返していくと概ねそのおおよその予算が決まるのが3ヶ月程度前と考えられているのです。
従ってその予算に合わせて招待者を決定し、招待状を発送するとなると2.5ヶ月前程度になるのが一般的です。
ただし当初の予定とは異なり出席ができなかったりするケースもあるため、これに応じて再度調整を行うとなると最低でも1ヵ月前には最終的な出席者の人数を把握しておきたいものです。
このような理由から、2.5ヶ月前程度に送るのが最適なタイミングとなっています。